2010/11/22

包装紙フェティッシュとでも

更新が久しぶりということを記事の初めに書く。ありがち。
twitterをやることでブログのネタを潰してるな。あと自分の発言の中身の無さがよくわかる

まあBloggerは良いサービスだ。広告画像がごちゃごちゃしてないし。
ブログは殺風景な方が好き。




書店でもらうブックカバーの事でも書きます。

写真うpして大丈夫だろうか。そして行動範囲と地元がバレるなwwwwそもそもこのブログ自体誰も気にしちゃいないが……

ブックカバー評のルール。一応。
  • 店名・だいたいの場所(住所はググれ)・カバー写真(画質はサーセン)・コメント(点数とかは別につけない)
  • あんまり書店の回し者的にならないように(?)
  • 写真うpすんなって言われたら消します。連絡はコメントかpoint_t☆hotmail.co.jp (☆→@)


未来屋書店
イオンのショッピングセンター内に展開してるらしい。某ジャスコの店舗で買った。
黒地のカバーはあまり見ないので、書店カバーの中ではかっこいいと思ってる。だいたい黄色(肌色?)の紙だよね。これは白い紙に全面印刷してある。
かすれた筆で描いたような柄がうっすらとあるのが良い。下の方の小さい文字は平面構成的なアレかな。マトリックスを連想する……




文華堂
藤沢市。湘南台駅あたりの店舗で。
一見シンプルだけど地にうっすらと細かい植物の柄がプリントされてる。包装として美しいと思う。
この柄で菓子なんか包んでも洒落てるかもな。



長谷川書店
某イベントの帰りに茅ヶ崎駅前の店舗で購入。
シンプル。ロゴと、チェックっぽい格子の模様だけ。デザインとコストの関係はよく知らないけど、書店カバーとして理にかなったデザインじゃね。どこかから仕入れたものじゃなくて、オリジナルなところに好感が持てる。



上記の書店には1度しか行ったことはない。今後はそういうとこから小出しに記事書くよ。
何の本を買ったかは関係ないので書かない。というかたまに本の入れ替えで付け替えるので覚えてない。漫画が多い。


書店カバー集めのことは結構前から人に話しているけど、今でもそんなに多く集めてるわけじゃないんだよな……出かけるついでになるべく出先で本を買う用事も済ませてるってだけで。
本いっぱい買ってられないし、始めて行く書店に行ってももらえるのがオリジナルのカバーじゃなかったり本を買う用事がなかったり。マイナーな漫画なんかは新しくても小さい書店においてなかったりするしな。注文も近所以外だとできん。
他のコレクターには遭遇できるだろうか……

紙とかコストがかかるから、書店オリジナルカバーは小さい店からどんどん減っているし。

ただ、一度しか買い物してない書店のカバーを見ると、その書店に行った日はどこに出かけて何をしたか思い出せる。っていうのが楽しいのであった。